コレステロール値下げるサプリ

コレステロール値下げるサプリはDHA/EPA配合!

 

健康診断などで気になるコレステロール値。食事に気を使っていてもなかなか下がらないですよね。
コレステロール値を下げるためにDHA/EPAという栄養素が効果的なことをご存じでしたか?

 

 

コレステロール値を下げる、メタボリックを改善させるなど生活習慣病の改善に効果的なDHA/EPA。
偏食、多忙の皆さんからとても注目されています。
DHA/EPAとは一体どんな効果があるのでしょうか?

 

 

DHA/EPAには悪玉コレステロール値を下げ、肝臓での中性脂肪の合成を抑える働きをします。
その働きによってコレステロール値が下がり、メタボリック予防、改善効果があるわけです。
健康のため取り入れたいDHA/EPAを毎日サプリにて簡単に補っていきませんか?

 

>>きなりの詳細を確認する<<

 

悪玉コレステロール(ldl)と善玉コレステロール(hdl)

 

901_02善玉・悪玉というと聞こえが悪いのですが、コレステロールの役割(正確には、リポタンパク質の違い)と影響によって分けて考えられています。

 

悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールは、体の各所に必要なコレステロールを血流に乗って運ぶ役割をしています。

 

運びすぎると血管内壁にへばりついてしまい、そのまま放置すると動脈硬化の原因となり、動脈硬化は、心筋梗塞、狭心症や脳梗塞のリスクを高めますので、LDLコレステロールが「悪玉」と言われる所以です。

 

ただし、働き的には、生きていくのに欠かせない役割を担っています。

 

善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールは、逆に余ったコレステロールを運び出す役割をします。体に悪影響を与える量のコレステロールを細胞壁から運び出す、といことなので、「善玉」と言われています。

 

健康診断や血液検査などでは、コレステロールに関しては、総コレステロール値、LDL値、HDL値がチェックされます。

 

 

コレステロール値は、高くても低くても問題になります。ただ、大抵の場合は、LDLコレステロール値の高さが問題になってくると思います。

 

コレステロールの値を正常な範囲値に納めるためには、

 

コレステロール値を下げる食品を中心の食事にする
運動する
コレステロールを下げるサプリメントを服用する
薬を処方してもらう

 

と言った方法が挙げられます。

 

 

基準となる正常なコレステロール値

 

コレステロール値は、空腹採血時に下記のいずれかだと脂質異常症(以前の高脂血症)と診断されます。
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)・・・ 140mg/dl以上 善玉コレステロール(HDLコレステロール)・・・ 40mg/dl未満
この基準値に当てはまらなければ、正常値、ということです。

 

この値は、日本動脈硬化学会の「動脈硬化の病気を防ぐガイドブック」で掲載されている値が採用されているようです。

 

また、最近では、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比率をチェックする場合も多く見られます。

 

LDLコレステロールが過剰にある状態は、血管壁についているコレステロールが過剰になっている、と推測されますので、動脈硬化の危険性が高くなっていると考えられています。

コレステロール値を下げるサプリメントの成分とは

最近では、現代人に多い欧米化した食習慣や普段の運動不足などが原因となって、コレステロール値が高いといった状況に悩む人が非常に多くなっていると言われています。気になるコレステロール値を下げるためには、サプリメントのどんな成分が効果的なのでしょうか。
コレステロール値を下げるサプリメントの一つの成分は、紅麹と呼ばれるものです。紅麹には、肝臓でのコレステロールの合成を抑える働きが認められています。また悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすとともに、中性脂肪値を降らす効果があるとされています。
また、コレステロール値を下げるサプリメントに含まれている別の成分はDHAやEPAです。DHAやEPAは、イワシなどの青魚に豊富に含まれる脂肪酸で、余分な中性脂肪を取り除く効果を持っています。それによって、血中濃度を下げ、高コレステロール血症を防ぐことができます。
さらに、コレステロール値を下げるサプリメントには、アスタキサンチンと呼ばれる成分が含まれています。これは、カニやエビの赤色の色素や鮭のオレンジ色の色素と言うことができます。このアスタキサンチンには強い抗酸化力があるため、サプリメントにこの成分が配合されることで、善玉コレステロールの酸化を防ぐことができると言われています。
他にも、ビタミンAやビタミンEといった成分には、優れた抗酸化力があるため、やはり善玉コレステロールの酸化を防止することができます。また、ビタミンCには善玉コレステロールを増やす働きがあることに加え、ビタミンEと一緒に働くことによって抗酸化力をより十分に発揮できるようにする効果が期待できます。
これらに加えて、コレステロール値を下げるサプリメントに配合されている成分には、食物繊維があります。食物繊維によって、コレステロールを体外へ排出することができるようになるため、気になる数値を下げるのに効果があると言えるでしょう。

 

 

コレステロール値を下げる方法いろいろ

コレステロール値といっても、善玉の方ではなく、悪玉コレステロールを下げる方法です。
1、食事で下げる食品をとる。
2、コレステロールを多く含む食品を撮らない。
3、運動して、中性脂肪を減らすLDLをさげる。
4、悪玉コレステロールを下げるサプリメントを摂る。
5、悪玉コレステロールを下げる薬を服用する。
つまり、コレステロールを体外から排出することに積極的にすることです。
では、なぜ、コレステロール値が上がってしまうのか。若いときには全然コレステロールが何を食べても上がらなかったのに、加齢とともに急に上がってしまったということもあります。この場合は、肝機能が関係してくるのです。肝臓がコレステロールを合成したり、吸収したりする役割を担っていて、加齢とともに肝機能が落ちて一気に数値が上がってしまいます。又、女性の場合、更年期後に閉経後に急に上がってしまうこともあります。この場合は、女性ホルモンのエステロゲン分泌量が減ることによってコレステロール値があがってしまいます。
又、家族性高コレステロール血症の場合は食事に気を使っていても遺伝的に上がりやすい病気となります。
他にも、精神的ストレスや生活環境の大きな変化で、心身に大きな影響を受ける事でも、コレステロールが上がることもあります。加齢、生活習慣、体質、ストレス、など、から上がることになるので、この原因の中から正しい対策を打てるものは、実行したいです。
ストレスには運動をすること。継続して実行出来る運動として、ウオーキング、ストレッチなどがいいでしょう。
趣味に没頭する。音楽を聞く。ガーデニングを通して、土に触れると自然からの癒しを感じ、ストレスが解消します。
では、食事対策としては抗酸化作用を持つ食品を食べる。ビタミンCや、E、βカロチン、ポリフェノールを多く含んだ食品としての野菜、果物を積極的にとる。ビタミンB群、大豆製品や豚肉、うなぎなど代謝をさぽーとし、疲労回復に効果的です。
又、サプリメントは効果が3ヶ月後には効果が出ています。もちろん、薬はすぐに聞きますが、この副作用については、定かではありません。

 

 

コレステロール値を下げる食事と食材について

コレステロール値が高いとなんとなく体に良くないと思っている方は多いんじゃないでしょうか。でもその仕組み、分かってますか?コレステロールには2種類あります。HDLコレステロールとLDLコレステロールです。HDLコレステロールは善玉コレステロールと言われLDLコレステロール悪玉コレステロールと言われています。

 

HDLコレステロールは体の中の不必要なコレステロールを運んでいます。LDLコレステロールは体に必要なコレステロールを運んでいます。
どちらも体にとっては、細胞膜を作ったり、男性、女性ホルモンを作る材料になる、大切なものです。不足すると細胞や血管などの組織が脆くなります。

 

血液中にLDLコレステロールが過剰になってしまうと酸化し、血管に付着して血栓になります。血栓がどんどん作られると動脈硬化につながりさらに剥がれた血栓が運ばれると脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまいます。

 

コレステロールは体内で作られていますが食事を通して外からも取り入れられます。肝臓でコレステロールの調整をしているので肝臓の機能を低下させないことが重要です。過剰なLDLコレステロールを下げるにはどうすればいいのでしょうか?

 

生活習慣を見直しです。運動不足、ストレスを溜めないアルコールを取り過ぎないなどです。そうすることで肝臓の働きが正常化されます。また体内でコレステロールが作られるとはいえ摂取する食材もポイントになります。

 

ではどのような食材がいいのでしょうか?
ヨーグルト、大豆、魚、野菜、海藻、お茶、コーヒー、ココアなどがあげられます。大豆は煮物でも、豆腐としてでも構いません。納豆や豆乳も効果があります。魚と言ってもアジやサバなどの青魚の方がDHA,EPAが多いので効果的です。

 

野菜は特にキャベツやブロッコリーが分解に適しています。食物繊維の多いセロリやサツマイモ等も良いです。お茶は茶カテキンが多く含まれる緑茶や紅茶、烏龍茶がおすすめです。コーヒーやココアはブラックやミルク、砂糖なしが効果的です。

 

コレステロール値を下げる生活習慣とは

健康番組の中で、よくコレステロール値が高いというセリフを耳にします。
けれど、理解できる人はほんのわずかです。
コレステロールとは、脂質の一種になります。
体全体に流れており、細胞膜を生成する必要な要素として
生きるために欠かせないです。
コレステロールには、善玉と悪玉があります。
悪玉とは、コレステロールを必要以上に体に
運搬する役割を持ちます。
動脈硬化や心筋梗塞など、命にかかわります。
善玉は、余ったコレステロールを細胞壁から運び出す
いわばセーフティーです。
この2つが成り立つからこそ、健康で在れます。
しかし、全員が健康とまではいかないです。
コレステロール値が異常に高い人もいれば、善玉がもとから
少ない人もいます。
長生きするためにも、コレステロールを下げることが重要です。

コレステロール値を下げる生活習慣が、2つあります。
1つは、飲酒を控えることです。
人と人とを繋ぐ潤滑油、お酒を飲むことは善玉にも延命にも
効果があります。
同時に、肥満と悪玉をも促進してしまいます。
一滴も飲むなとはいいませんが、いつもよりも
コップ一杯控えるぐらいの意識がポイントになります。
飲みすぎはいつの時代も、悲惨な結果を生みます。
2つは、運動をすることです。
コレステロール値が高い人のほとんどは、体を
動かさない傾向にあります。
基礎代謝がないと、善玉が生成されないです。
エレベーターよりも階段、徒歩でいける距離なら
歩くなど少しの有酸素運動でも十分です。
やるかやらないかで、大きく結果が変わります。
生活習慣を見直すことで、自らの状態と

怠惰な生活を把握できます。
己を知ることが、健康への第一歩です。
人の体は千差万別、コレステロール値は人によって
左右されます。
けれど、改善はいくらでも可能です。
若さにかまかけて、自堕落な生活をしていれば
必ず悪影響を及ぼします。
気になるなら、すぐにでも健康診断を受けるべきです。
その事実を知ったときこそ、はじめて健康に生きることの
大切さを学びます。

 

 

コレステロール値が上がる原因とは

コレステロールとは、本来体を組織する重要な成分で脂質の一種です。本来、決して悪いものではないのですが、この数値が大きくなると動脈硬化など重要な病気を引き起こしかねないので注意が必要です。
 コレステロール値が上がる原因とは何でしょうか。
 いくつかの原因が考えられます。
 ひとつは、食生活です。
 食べすぎ飲みすぎによって糖質や脂質、炭水化物を取り入れると中性脂肪を増やします。この中性脂肪がコレステロールを増やす手伝いをしてしまいます。
 体の中では、コレステロール値を正常に保つように調整しようとしています。その役割を担うのは肝臓ですが、飲酒や肥満がその肝臓の動きを妨げるといわれています。
 次に、生活習慣が挙げられます。
 運動不足による肥満、中性脂肪値が高くなるとコレステロールを増やす結果になります。また、過度のストレスによる体調の崩れも、体本来が持つ調節機能を低下させてしまい、結果として数値を増やしてしまいます。
 3つ目に病気によるものがあります。
 糖尿病は脂質の代謝に悪影響を及ぼします。また、甲状腺機能低下によって甲状腺ホルモンが不足すると、血中のコレステロールが滞ります。
 最後に、遺伝によるものがあります。
 親や親族からの遺伝でコレステロール値が高い人もいます。こうした人たちは、以上の3つの要因が見当たらなくても、比較的若い時期から高いコレステロール値を持っています。
 それでは、コレステロール値を下げるにはどうしたらよいでしょうか。
 大きな原因でありすぐに改善に取り組めるものは、1つ目の食生活と2つ目の生活習慣です。
 糖質や脂質の高い食事を食べ過ぎないようすることや、食物繊維を摂ることです。また、適度な運動をして、中性脂肪を適度な数値に保ち肥満を防ぐことによって、コレステロール値を下げることができます。
 正常な数値のコレステロールは、私たちの健康を支えるものです。ただし、過ぎれば何事も毒になるのと同じです。自身のコレステロール値をチェックしてみましょう。

 

サントリーのDHA&EPAの特徴と効果、価格について

サントリーは日本を代表する飲料メーカーですが、1980年代以降は健康食品の製造販売も行っています。サントリーのDHA&EPAはサントリーの健康食品の人気商品であり、100万人以上の愛用者が存在します。これまでの累計販売数は3000万本を超えており、DHA&EPAのサプリメントの中では抜群の知名度の高さを誇っています。
サントリーのDHA&EPAの特徴は、青魚から抽出された魚油を始め、ゴマから抽出されたセサミンなどの3つの健康成分が配合されていることです。含有成分の働きで血液をサラサラにして、体の酸化を防ぐ効果が期待できます。脳の認知機能を高める効果も期待でき、集中力を高めて記憶力がアップして、認知症の予防や改善の効果も期待できます。
サントリーのDHA&EPAはいろいろなショップで販売されていますが、公式サイトを利用すると安い価格で購入することが可能です。120粒入りの通常サイズの価格は税抜き5500円で、240粒入りの徳用サイズの価格は税抜き9500円になります。お得に買いたい場合は徳用サイズを購入することがお勧めです。
公式サイトでは定期お届けコースに申し込むことができ、定期お届けコースに申し込むと、通常価格から10%割引の価格で購入することができます。単体で購入する場合には送料がかかりますが、定期お届けコースにすると送料無料になりますので大変お得です。通常サイズを定期お届けコースで購入すると年間で約6600円もお得になります。
サントリーではいろいろな種類の健康食品を販売していますが、公式サイトで定期お届けコースに申し込んだ方は、サントリーの全ての健康食品を10%割引で購入することができます。このような特典も付いてきますので、定期お届けコースに申し込むと多大なメリットが得られます。途中で止めたい場合は気軽に解約をすることができ、発送の頻度の変更も簡単に行うことができるので安心です。